職業能力開発総合大学校は厚生労働省が所管する大学校です

  • TOP
  • 職業訓練指導員をめざす方
  • 指導員の方
  • 受験生の方 総合課程
  • 在校生の方
  • 卒業生の方
  • 企業の方

English

  • 大学校案内
  • 課程・専攻・学科等
  • 学生生活
  • 社会貢献

職業大トップ  >  大学校案内  >  教員紹介  >  教員詳細

大学校案内

教員詳細

新成長分野系/福祉
(2017.7.13現在)

助教

新家 寿健 araie toshitake

▼学位

▼学歴

職業能力開発総合大学校長期課程生産機械工学科卒業,1998

▼メールアドレス

araie●uitec.ac.jp

※●は@に変えてください

▼専門分野

福祉工学

■ユニット研究と教員研究の関連性

福祉機器の設計・製作の
うち設計・加工を担当


■私の教育方針

学生のレベルにあわせた指導方法により、ものづくりの基盤となる技術力を育成します


■主な研究実績等

1)主要論文
  1.学術論文等
   

Evaluation of Labor Burden Reduction Achieved Through Wearing an Agricultural Power Assist Suit, International Journal of Modeling and Optimization
(Toshitake Araie, Uichi Nishizawa, Tomozumi Ikeda, Akira Kakimoto, Shigeki, Toyama, 7(4), 202-206), 2017/8

Mechanism evaluation of agricultural power assist suit under development, Vibroengineering PROCEDIA
(Toshitake Araie, Tomozumi Ikeda, Uichi Nishizawa, Akira Kakimoto, Shigeki Toyama, 8, 328-333), 2016/10

ジャイロスコープを用いた力覚生成装置による振動覚情報の提示方法,職業能力開発研究誌,(池田知純,垣本映,新家寿健,鈴木重信,中村友基, 30,74-78)2016/3

超磁歪素子を用いた車いす駆動能力計測システムの開発,ライフサポート学会誌,(垣本映,新家寿健,斉藤哲也,池田知純,鈴木重信,関口行雄,28,(2),48-56),2016

  2.本校論文
   
  3.学会発表・講演等
   

Evaluation of Labor Burden Reduction Achieved Through Wearing an Agricultural Power Assist Suit, OPTIROB 2017 the 12th edition
(Toshitake Araie, Uichi Nishizawa, Tomozumi Ikeda, Akira Kakimoto, Shigeki, Toyama ), 2017

アダプタビリティによる農業用パワーアシストスーツの機構評価,ライフサポート学会第26回フロンティア講演会(片山貴雄,新家寿健,池田知純,鈴木重信,垣本映,西澤宇一,遠山茂樹),2017

Mechanism evaluation of agricultural power assist suit under development, International Conference vibroengineering 2016
(Toshitake Araie, Tomozumi Ikeda, Uichi Nishizawa, Akira Kakimoto, Shigeki, Toyama), 2016

2)著書
  「ものづくり技術者のための実践機械工学実験書」(実践教育訓練研究協会)
分担執筆,新家寿健,上坂淳一,刈部貴文,菅野金一,来次浩之,小島篤,杉下寛,三澤誠,2012

「加工現場の測定作業ここまでわかれば一人前」
(日刊工業新聞社)
分担執筆,小渡邦昭,福西成人,新家寿健,隈元康一
3)受賞
  JVE International Vibroengineering Conference, THE BEST PAPER AWARD, 2016
4)特許(知的財産権)
 
5)開発教材
 
6)資格
  一級技能士(機械製図CAD)

■活動

1)学会活動
  農業食料工学会会員 2016-
2)職業能力開発
  アビリンピック専門員(「機械CAD」職種)2014
技能五輪競技員(「抜き型」職種)2015

■現在の研究・技術開発テーマ等

パワーアシストスーツの開発に関する研究


■受託研究・共同開発テーマ


■科研費採択課題

高齢者の咀嚼力をアシストするパワーデンチャーロボットの開発,研究代表者新家寿健,分担者池田知純,垣本映,連携研究者西澤宇一,遠山茂樹,2016

ゴールボールの競技力向上を目指したマルチモーダル・ストラテジーボードの開発,研究代表者池田知純,分担者垣本映,二宮敬一,新家寿健,2016


■メッセージ