職業能力開発総合大学校は厚生労働省が所管する大学校です

  • TOP
  • 職業訓練指導員をめざす方
  • 指導員の方
  • 受験生の方 総合課程
  • 在校生の方
  • 卒業生の方
  • 企業の方

English

  • 大学校案内
  • 課程・専攻・学科等
  • 学生生活
  • 社会貢献

職業大トップ  >  大学校案内  >  教員紹介  >  教員詳細

大学校案内

教員詳細

基盤ものづくり系/建築仕上・材料評価
(2015.10.1現在)

教授

三田紀行 MITA Noriyuki

▼学位

博士(工学)
東京都立大学,1999
工学修士(東京都立大学),1992

▼学歴

東京都立大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程修了,1992
東京都立大学工学部建築工学科卒業,1990

▼メールアドレス

mitanori●uitec.ac.jp

※●は@に変えてください

▼専門分野

建築材料学

■ユニット研究と教員研究の関連性

本ユニットで推進する建築仕上・材料評価分野の研究のうち、特にコンクリート材料および組積材料の物性評価を担当


■私の教育方針

将来の職業生活において、担当職域のリーダーとしてまた職業訓練指導員として、企画書を作成し部下および上司に対して自分の企画したことを自ら考え実施することができる人材の育成


■主な研究実績等

1)主要論文
  1.学術論文等
    住宅基礎鉄筋を利用した接地システムの戸建住宅適用への検討,電気設備学会誌(大島正稔、渡邉信公、清水洋隆、三田紀行、山崎尚志,Vol.35 No.6,pp.413-418),2015/06
台風ハイヤンによるフィリピンの建築物風被害,日本風工学会論文集(真田靖士、田村幸雄、楢府龍雄、清水豊和、三田紀行),Vol.40,No.2,pp.30-39),2015/04
Lessons Learnt from Damage to Buildings by Bohol Earthquake and Typhoon Yolanda 2013 in the Philippines,Bulletin of the International Institute of Seismology and Earthquake Engineering.(Tatsuo Narafu, Toyokazu Shimizu, Yasushi Sanada, Yukio Tamura, Noriyuki Mita, Susumu Takahashi, Hayato Nakamura, Atsuko Itsuki,Vol.49
pp.39-61),2015/03
型枠状コンクリートブロックを用いたコンクリートブロック組積体の強度特性に関する研究,職業能力開発研究誌(山崎尚志、三田紀行、ほか,30 巻,1 号 2014,pp.107-112),2014/03
パルス電磁力音響法によるセメントモルタルの圧縮強度推定に関する基礎的研究,日本建築学会構造系論文集(三田紀行、堀江優介、松留愼一郎,第662号
pp.721-727),2011/04
住宅基礎の鉄筋を利用した接地システムの検討,電気設備学会誌(大島正稔、渡邉信公、清水洋隆、三田紀行、山崎尚志,巻:31号:8,pp.656-661),2011/08
左官技能者による左官材料のワーカビリティーの印象評価 左官材料のワーカビリティーの評価手法に関する研究(その3),日本建築学会構造系論文集(山崎尚志、橘高義典、三田紀行,第650号,pp.689-694),2010/04
傾斜羽根回転式粘度計によるセメントモルタルのフレッシュ性状の評価
左官材料のワーカビリティーの評価手法に関する研究(その2),日本建築学会構造系論文集(山崎尚志、橘高義典、三田紀行,第645号,pp.1929-1934),2009/11
Fundamental Study on Evaluation Method of Rheological Properties of Cement Mortar Using the Inclined Blades Rotational Rheometer,Proc. of the 3rd International RILEM Symposium(山崎尚志、三田紀行、橘高義典,pp.291-300),2009/08
傾斜羽根回転式粘度計の基礎的特性 左官材料のワーカビリティーの評価手法に関する研究(その1),日本建築学会構造系論文集(山崎尚志、橘高義典、三田紀行,第632号,pp.1707-1711),2008/10
初期材齢において低温養生をおこなった高曲げ強度セメントモルタルに関する研究,日本建築学会構造系論文集(山ア尚志、三田紀行、松留愼一郎,第613号),2007/03
  2.本校論文
    低層住宅における基礎スリーブ部分における構造強度に関する研究,職業能力開発総合大学校紀要(山ア尚志、三田紀行、前川秀幸、松留愼一郎、横浜茂之、滝口尚一、岩崎辰之, 第38号A,
pp.47-52),2008/03
即時脱型可能な高曲げ強度セメントモルタルに関する研究,職業能力開発総合大学校紀要(山ア尚志、三田紀行、松留愼一郎, 第37号A,pp.141-145),2007/03
低温養生をおこなった高曲げ強度セメントモルタルに関する研究,職業能力開発総合大学校紀要(山ア尚志、三田紀行、松留愼一郎, 第35号A,pp.109-114),2005/03
骨材因子がコンクリートの流動性及び強度に与える影響,職業能力開発総合大学校紀要(越智隆行、三田紀行、松留愼一郎,第35A,pp.115-120),2005/03
  3.学会発表・講演等
    コンクリートブロック組積体の目地の変形に及ぼす構成材料の影響,日本建築学会2014年度大会(山崎尚志、三田紀行、滝口尚一),2014
混和材料を使用したセメントモルタルの諸物性に及ぼす練混ぜ方法の影響,日本建築学会2014年度大会(小澤秀祐、山崎尚志、三田紀行),2014
他54編
2)著書
  「東日本大震災合同調査報告 建築編2」日本建築学会(分担執筆),2015
「2011年東北地方太平洋沖地震災害調査報告」日本建築学会(分担執筆),2011
「建築工事標準仕様書・同解説 JASS7 メーソンリー工事」日本建築学会(分担執筆),2009
3)受賞
  第3回 日本建築学会優秀修士論文賞,1992
4)特許(知的財産権)
  なし
5)開発教材
  厚生労働省認定教材「建築[U]」,2010
厚生労働省認定教材「左官」,2008
厚生労働省認定教材「タイル」,2008
6)資格
  なし

■活動

1)学会活動
 
2)職業能力開発
 

■現在の研究・技術開発テーマ等


■受託研究・共同開発テーマ


■科研費採択課題


■メッセージ