職業能力開発総合大学校は厚生労働省が所管する大学校です

  • TOP
  • 職業訓練指導員をめざす方
  • 指導員の方
  • 受験生の方 総合課程
  • 在校生の方
  • 卒業生の方
  • 企業の方

English

  • 大学校案内
  • 課程・専攻・学科等
  • 学生生活
  • 社会貢献

職業大トップ  >  大学校案内  >  教員紹介  >  教員詳細

大学校案内

教員詳細

基盤ものづくり系/建設施工・構造評価(RC)
(2016.1.14現在)

准教授

西澤秀喜 nishizawa hideki

▼学位

工学修士(日本大学),1983

▼学歴

日本大学大学院生産工学研究科修士課程修了,1983

日本大学生産工学部建築学科卒業,1981

▼メールアドレス

nishizawa●uitec.ac.jp

※●は@に変えてください

▼専門分野

建築施工管理、コンストラクション・マネジメント

■ユニット研究と教員研究の関連性

鉄筋コンクリート造等の施工計画・施工管理における技術・技能の習得のため、効率的な教材制作を目指しています


■私の教育方針

最新のICT技術を活用して、初学者に技術・技能を効率的に習得させるためのシステムを開発する


■主な研究実績等

1)主要論文
  1.学術論文等
    RC造の技術者・技能工育成のための施工実習モデルと教材の開発、第15回建築教育シンポジウム・建築教育研究論文報告集(西澤秀喜、吉田競人、舩木裕之)2016/01
CMAJによるコンストラクション・マネジャー(CMr)の養成、職業能力開発研究(西澤秀喜、第29巻、67-80)、2011/04
  2.本校論文
    CASBEEを用いた大学キャンパスの環境性能評価と改善提案、職業能力開発総合大学校東京校紀要(西澤秀喜、第27号、54-57)、2011/09
CM(コンストラクション・マネジメント)方式の活用事例、職業能力開発総合大学校東京校紀要(西澤秀喜、第25号、75-80)、2010/03
  3.学会発表・講演等
    建築躯体技能工養成のためのRC造施工実習モデルの開発、日本建築学会大会・関東(西澤秀喜、吉田競人、舩木裕之)、2015
RC造施工実習のための指導員研修の構築と実施、第23回職業能力開発研究発表講演会(西澤秀喜、吉田競人、舩木裕之)、2015
大学生の施工実習教育における配筋ミスの内容と原因、日本建築学会大会・近畿(西澤秀喜)、2014
震災復興離職者訓練におけるRC造施工実習の実践報告、第21回職業能力開発研究発表講演会(西澤秀喜)、2014
2)著書
  東京スカイツリー「高さ世界一への挑戦」(株式会社大林組による特別講演より)、技術と技能(西澤秀喜、27-34)、2012/04
CMガイドブック改訂版、相模書房(編集委員、分担執筆)、2011
3)受賞
 
4)特許(知的財産権)
  大断面集成材の補強方法(西澤秀喜、特願 平08-175427)
開閉式屋根の構築方法(西澤秀喜、特願 平08-59312)
ドーム屋根の構築方法(西澤秀喜、特願 平07-236165)
地下大空間構築構法(西澤秀喜、特願 平06-210010)
5)開発教材
 
6)資格
  技術士(建設部門)
一級建築士
一級建築施工管理技士
一級土木施工管理技士
土地家屋調査士
建築コスト管理士
認定コンストラクション・マネジャー
認定プロジェクト・マネジャー
専攻建築士・生産専攻
CASBEE建築評価員
事業継続初級管理者

■活動

1)学会活動
  日本コンストラクション・マネジメント協会、理事、2009-2015
日本建築積算協会、建築コスト管理士評議委員、2011-
日本建築積算協会・特別会員、2015-
日本コンストラクション・マネジメント協会会員、2000-
日本建築学会会員、1995-
2)職業能力開発
  厚生労働省・職業能力開発専門調査委員(座長)、2013-2013

■現在の研究・技術開発テーマ等

AR(拡張現実)技術を応用した教育訓練教材開発


■受託研究・共同開発テーマ


■科研費採択課題

AR(拡張現実)技術を応用した建築躯体技能工の育成システム開発、研究代表者西澤秀喜、分担者吉田競人、2015


■メッセージ

技術者を目指す皆さんへ:建設産業では技術・技能の担い手確保・育成が大きな課題です。社会基盤を支える「ものづくり」を一生の仕事にしませんか。