職業能力開発総合大学校は厚生労働省が所管する大学校です

  • TOP
  • 職業訓練指導員をめざす方
  • 指導員の方
  • 受験生の方 総合課程
  • 在校生の方
  • 卒業生の方
  • 企業の方

English

  • 大学校案内
  • 課程・専攻・学科等
  • 学生生活
  • 社会貢献

職業大トップ  >  大学校案内  >  教員紹介  >  教員詳細

大学校案内

教員詳細

基盤ものづくり系/情報処理
(2017.7.1現在)

准教授

秋葉将和 akiba masakazu

▼学位

博士(工学) 横浜国立大学,2011

修士(工学)学位授与機構,2000

▼学歴

横浜国立大学環境情報学府情報メディア環境学専攻博士後期課程修了,2011

職業能力開発総合大学校研究課程工学研究科電気・情報専攻修了,2000

職業能力開発総合大学校情報工学科卒業,1998

▼メールアドレス

akiba●uitec.ac.jp

※●は@に変えてください

▼専門分野

画像情報工学
ヒューマンインフォメーション

■ユニット研究と教員研究の関連性

本ユニットで推進する計算機応用技術分野の研究のうち、特に画像工学やヒューマンインターフェースに関する分野を担当


■私の教育方針

自分の頭で粘り強く考える,細部を疎かにしない,創意工夫できる人材の育成


■主な研究実績等

1)主要論文
  1.学術論文等
   

秋葉将和,堀田忠義,寺内美奈,菅野恒雄,”教育向けμITRON仕様準拠OSの 8ビットPICへの設計・実装と授業実践”,工学教育,65-3,pp.66-72,2017

Itsuo Takanami, Tadayoshi Horita, Masakazu Akiba, Mina Terauchi, Tsuneo Kanno:
A Built-in Self-repair Circuit for Restructuring Mesh-Connected Processor Arrays by Direct Spare Replacement. Trans. Computational Science 27: pp.97-119 (2016)

T. Horita, I. Takanami, M. Akiba, M. Terauchi and T. Kanno, "An FPGA-based multiple-weight-and-neuron-fault tolerant digital multilayer perceptron (full version)",Trans. on Comput. Sci., Springer, XXV, LNCS 9030, pp.148-171, 2015

T. Horita, I. Takanami, M. Akiba, M. Terauchi, and T. Kanno, "A GPGPU-based acceleration of fault-tolerant MLP learnings",Proc. IEEE 8th International Symposium on Embedded Multicore/Many-core Systems-on-Chip (MCSoC-14), pp.245-252, Sep. 2014

T. Horita, M. Akiba, M. Terauchi, T. Kanno, "A consideration of the achievement of productive level parallel programming skills", World Academy of Science, Engineering and Technology, International Science Index 82, 7(10), 418-422, 2013

秋葉将和,チャロトーン リュウチャワリット,菅野恒雄,長尾智晴,"印象情報付きPCAによる日本人とタイ人間の人種的顔特徴の抽出",映像情報メディア学会誌,Vol.65,No.5,pp.704-712,2011

秋葉将和,チャロトーン リュウチャワリット,菅野恒雄,長尾智晴,"日本人とタイ人の顔の人種・性別認知に関する検討",映像情報メディア学会誌,Vol.64,No.4,pp611-621, 2010

Chalothorn Liewchavalit, Masakazu Akiba, Tsuneo Kanno,Tomoharu Nagao,"Extracted Facial Feature of Racial Closely Related Faces",The 2nd International Conference on Digital Image Processing, February 26-28, Singapore, 2010

Chalothorn Liewchavalit, Masakazu Akiba, Tsuneo Kanno,"Race Perception Using Japanese and Thai Faces",The 2nd Thailand-Japan International Academic Conference, November 20, Kyoto , 2009

秋葉将和,熊野秀樹,菅野恒雄,"提示画像上の視覚的注意点探索システム",映像情報メディア学会誌,Vol.62,No.7,pp.1059-1066,2008

Tsuneo Kanno, Masakazu Akiba, Yasuaki Teramachi, Hiroshi Nagahashi, Takeshi
Agui, Classification of Age Group Based on Facial Images of Young Males by Using Neural Networks, IEICE Transaction on Information and System, VolE84-D, No.8, pp.1094-1101, 2001

  2.本校論文
   
  3.学会発表・講演等
   

秋葉将和,堀田忠義,寺内美奈,菅野恒雄,“教育向けμITRON仕様準拠OSの8ビットPICへの実装”,FIT2016

堀田忠義,秋葉将和,寺内美奈,菅野恒雄,“職業訓練向け Linux デバイスドライバ開発教育用教材”,FIT2016

秋葉将和,堀田忠義,中村信也,菅野恒雄,“PICマイコンによるリアルタイムOS教育の実践”,職業大フォーラム2016

山田智宏,秋葉将和,堀田忠義,中村信也,“タブレット端末を用いた顔面神経麻痺リハビリ支援アプリの開発”,職業大フォーラム2016

堀田忠義,秋葉将和,中村信也,菅野恒雄,“職業大のリアルタイムOS教育における自動採点教材の導入”,職業大フォーラム2016

堀田忠義, 秋葉将和, 中村信也,菅野恒雄, "総合課程3年生のためのLinuxデバイスドライバ開発教育用教材", 職業大フォーラム2016

堀田忠義, 秋葉将和, 寺内美奈,菅野恒雄, "総合課程3年生のためのLinuxデバイスドライバ開発教育用教材", 職業大フォーラム講演論文集, pp.130-131, 2015

北尾祐一, 堀田忠義, 秋葉将和, 寺内美奈, "CUDAプログラミングを意識したCとPythonの速度比較", 職業大フォーラム講演論文集, pp.136-137, 2015

堀田忠義,秋葉将和,寺内美奈, 3Dゲームエンジンを使用したCプログラミング教育, 職業大フォーラム講演論文集, pp.126-127, 2014

杉山理, 堀田忠義, 秋葉将和, 寺内美奈, 菅野恒雄, "3Dゲームエンジンを使用したプログラミング学習支援", 職業大フォーラム講演論文集, pp.154-155, 2013

田邊裕之, 堀田忠義, 秋葉将和, 寺内美奈, 菅野恒雄, "Androidスマホを用いたプログラミング学習支援", 職業大フォーラム講演論文集, pp.156-157, 2013

村井久哲, 堀田忠義, 秋葉将和, 寺内美奈, 菅野恒雄, "CUDA v4.1とCUDA v5.0の演算性能比較", 職業大フォーラム講演論文集, pp.158-159, 2013

秋葉 将和,菅野 恒雄,長尾 智晴:
“遺伝的に近い人種間の顔認知に関する実験的検討”,画像ラボ,日本工業出版株式会社 (2010/12月号)

秋葉将和、菅野恒雄、寺町康昌,"ニューラルネットワークによる若年者顔画像からの年齢層推定 : モザイク特徴とKL特徴の比較",映像情報メディア学会技術報告 24(26), 7-12, 2000-03

2)著書
 
3)受賞
 
4)特許(知的財産権)
 
5)開発教材
  ・PIC18で動作可能な教育用RTOS(μITRON仕様準拠)の開発,2011-

・画像処理プログラミング教材の開発,2012-
6)資格
 

■活動

1)学会活動
  映像情報メディア学会会員 2011-
2)職業能力開発
 

技能五輪競技委員(「ITネットワークシステム管理」職種) 2011-

若年者ものづくり競技大会競技委員(「ITネットワークシステム管理」職種) 2008-

若年者ものづくり競技大会競技主査(「ITネットワークシステム管理」職種) 2014-2016


■現在の研究・技術開発テーマ等

・RTOSの教育・教材に関する研究

・顔面神経麻痺の画像診断・リハビリ支援に関する研究

・顔画像処理

・顔特徴と顔認知心理学


■受託研究・共同開発テーマ


■科研費採択課題


■メッセージ