職業能力開発総合大学校は厚生労働省が所管する大学校です

  • TOP
  • 職業訓練指導員をめざす方
  • 指導員の方
  • 受験生の方 総合課程
  • 在校生の方
  • 卒業生の方
  • 企業の方

English

  • 大学校案内
  • 課程・専攻・学科等
  • 学生生活
  • 社会貢献

職業大トップ  >  大学校案内  >  教員紹介  >  教員詳細

大学校案内

教員詳細

基盤ものづくり系/制御工学
(2015.7.1現在)

教授

高橋宏治 Takahashi Koji

▼学位

工学博士(東京工業大学),1985
工学修士(東京工業大学),1982

▼学歴

東京工業大学大学院理工学研究科博士課程修了,1985
東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了,1982
東京工業大学工学部卒業,1980

▼メールアドレス

k-takahashi●uitec.ac.jp

※●は@に変えてください

▼専門分野

制御工学、離散事象システム制御

■ユニット研究と教員研究の関連性

離散事象システム制御論に基づく制御系の設計やシミュレーション、プログラマブルコントローラの国際標準に基づくPLCのアプリケーションプログラムの明確で効率的な作成法などを研究。


■私の教育方針

理論から実践まで、学術面と技能面の両方の能力を備えた人材の育成を目指す。


■主な研究実績等

1)主要論文
  1.学術論文等
    《離散事象システム理論によるモデリングと制御の新展開》 シーケンス制御へのペトリネット応用,計測自動制御学会誌「計測と制御」( 第52巻第12号, pp.1116-1121) 2013/12
User Experience Modeling and Simulation for Product Ecosystem Design Based on Fuzzy Reasoning Petri Nets, IEEE Transactions on Systems, Man, and Cybernetics ?Part A: Systems and Humans (Feng Zhou, Roger J. Jiao, Qianli Xu, and Koji Takahashi, Vol. 41, No. 1, pp. 201-212) 2012/1
《社会を支える制御技術》総論:社会と制御技術,電気学会誌 (128-7 pp415-418) 2008/7
Resource breakdown modelling and performance maximization of a multiple product flexible manufacturing system, International Journal of Industrial and Systems Engineering (Tauseef Aized, Koji Takahashi, Ichiro Hagiwara and Hiroaki Morimura, 3-3, pp324/347) 2008/1
Colored Petri Net Based Modeling and Analysis of Multiple Product FMS with Resource Breakdowns and Automated Inspection, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Science, (Tauseef Aized, Koji Takahashi and Ichiro Hagiwara, Vol.E90-A, No.11, pp. 2593-2603) 2007/11
The impact of guide path configurations on performance of an integrated automated guided vehicle system using coloured Petri net, International Journal of Automation Technology (Tauseef Aized, Koji Takahashi and Ichiro Hagiwara, 1-1, pp52/60) 2007/9
《変種変量生産を支えるシステム技術》 共用資源運用のモデリングと制御,計測自動制御学会誌「計測と制御」 (46-7 pp523-528) 2007/7
Advanced Multiple-product FMS modelling with resource breakdown and automated inspection using colored Petri Net, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics (Tauseef Aized, Koji Takahashi and Ichiro Hagiwara, 11-6, pp715/723) 2007/6
  2.本校論文
   
  3.学会発表・講演等
    多種混合フレキシブル生産システムの分散制御における自律的デッドロック回避,計測自動制御学会第57回離散事象システム研究会講演論文集 (西田幸仁, 高橋宏治,pp.27-32) 2015/3
多種混流フレキシブル生産システムにおける自律的デッドロック回避のためのステーション間連携手法,計測自動制御学会第56回離散事象システム研究会講演論文集 (西田幸仁, 高橋宏治,pp.15-20) 2014/12
〈離散事象システムの省エネルギー制御への応用〉2シャフトエレベーターの利便性とピーク電力・消費電力量抑制の両立,計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集 (SS7-2) 2014/11
エレベーターのピーク電力抑制と利便性を両立する制御手法における乗客個人の快適度変化とその改善方針,電子情報通信学会技術研究報告[システム数理と応用] (秋山雪菜,高橋宏治,vol. 114 no. 313 pp. 29-34) 2014/11
エレベーター制御のコントローラプログラミングのためのシステムモデルからSequential Function Chartへの自動変換ツール,電子情報通信学会技術研究報告[システム数理と応用] (塚本達也, 高橋宏治,vol. 114 no. 313 pp. 23-28) 2014/11
Modeling of Elevator Control Logic Based on Mark Flow Graph and Its Implementation on Programmable Logic Controller, Proceedings of 2014 IEEE 3rd Global Conference on Consumer Electronics (Tatsuya Tsukamoto, Koji Takahashi, SS-SEV-5 pp.599-600) 2014/10
Modeling and simulation of individual passenger transportation in elevator system based on Mark Flow Graph, Proceedings of 2014 IEEE 3rd Global Conference on Consumer Electronics (Yukina Akiyama, Koji Takahashi, SS-SEV-4 pp.597-598) 2014/10
シーケンス制御システムの設計検証へのペトリネット応用,電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集 (奥田誠, 水矢亨, 長尾達明, 宮澤以鋼、高橋宏治,OS4-7) 2014/9
Basic Idea of Autonomous Deadlock Avoidance in Mixed Production Systems, Proceedings of SICE Annual Conference 2014 (Yukihito Nishida, Koji Yakahashi, Paper FrAT1.5) 2014/9
エレベータ制御論理のプログラマブルコントローラへの実装のためのMark Flow GraphモデルからSequential Function Chartへの変換,電子情報通信学会技術研究報告[システム数理と応用] (塚本達也, 高橋宏治,Vol.114 No.125 pp.23-28) 2014/7
2台のエレベーターによる乗客輸送のMark Flow Graphに基づくモデリングと乗客個人の経過把握,電子情報通信学会技術研究報告[システム数理と応用] (秋山雪菜, 高橋宏治,Vol.114 No.125 pp.17-22) 2014/7
2シャフト エレベーターにおける運用台数とピーク電力・消費電力量・利便性に関する考察,計測自動制御学会第55回離散事象システム研究会講演論文集 (pp. 47-52) 2014/6
多種が混流する生産システムの自律的デッドロック回避における相互干渉の解消,電子情報通信学会技術研究報告[システム数理と応用] (西田幸仁, 高橋宏治,Vol.113 No.466 pp.95-100) 2014/2
エレベーターにおけるカゴおよびシャフト制御論理のMark Flow GraphモデルからSequential Function Chartへの変換によるコントローラプログラミング,電子情報通信学会技術研究報告[システム数理と応用] (塚本達也, 高橋宏治,Vol.113 No.466 pp.49-54) 2014/2
エレベーターにおける乗客個人ごとの輸送経過のMark Flow Graphモデルに基づく把握,電子情報通信学会技術研究報告[システム数理と応用] (秋山雪菜, 高橋宏治,Vol.113 No.466 pp.25-30) 2014/2
FAのためのピーク負荷抑制と作業進行を両立する臨機応変な工程進捗制御の基礎概念,電子情報通信学会技術研究報告[システム数理と応用] (輕部満國, 高橋宏治,Vol.113 No.421 pp.83-88) 2104/1
多種が混流する生産システムにおける被加工物の自律的工程進捗制御手法の検討,計測自動制御学会第54回離散事象システム研究会講演論文集 (妹島周吾, 高橋宏治,pp57-62) 2013/12
システムのスマートな制御を可能とするシステム数理と応用〜エレベーターの制御を例として〜,電子情報通信学会技術研究報告[システム数理と応用] (vol. 113, no. 279, pp. 123-128) 2013/11
エレベーターにおけるカゴおよびシャフト制御論理のMark Flow Graphに基づく基本モデルとSequential Function Chartによる制御実現,電子情報通信学会技術研究報告[システム数理と応用] (塚本達也, 高橋宏治,vol. 113, no. 279, pp. 141-146) 2013/11
エレベーターにおける乗客輸送のMark Flow Graphに基づく基本モデルとシミュレーション,電子情報通信学会技術研究報告[システム数理と応用] (秋山雪菜, 高橋宏治, vol. 113, no. 279, pp. 135-140) 2013/11
Group Control of 2-shafts Elevator System for Peak Power Cut and Service Performance, Proceedings of 2013 IEEE 2nd Global Conference on Consumer Electronics (Kentaro Nakayama, Koji Takahashi, SS3-4, pp.550-551) 2013/10
Group Control of Multi-car Elevator based on Discrete Event System, Proceeding of 2013- International conference on Instrumentation, Control, Information Technology and System Integration (QuangHung NGUYEN, Kentaro NAKAYAMA and Koji TAKAHASHI, SuCT11.3) 2013/9
利便性とピーク電力抑制を両立するエレベーターの制御−2シャフトエレベータにおいて1台のみ運行時と同じ最大電力で2台を運行するケース−,平成25年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集 (高橋宏治, 中山健太郎,,OS5-4) 2013/9
ペトリネットによるシーケンス制御システムの静的解析に関する研究,平成25年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集 (奥田 誠, 長尾達明, 水矢 亨, 宮澤以鋼, 高橋宏治,GS1-1) 2013/9
2)著書
  「制御工学の基礎(電子・通信工学11)」数理工学社,2014
「教えやすく学びやすい:制御工学ノート」昭晃堂,2012
「標準自動制御」実教出版(共著,長谷川健介, 増田良介, 加藤誠, 高橋宏治),1999
「ペトリネット理論入門:並列同時進行の表現と解析」シュプリンガー・フェアラーク東京(共訳,長谷川健介, 高橋宏治),1988
3)受賞
  東京工業大学永年勤続(30年)表彰,2015
電子情報通信学会システム数理と応用研究会優秀論文賞,2013
計測自動制御学会論文賞,1986
4)特許(知的財産権)
  制御プログラム組立てシステム及びプログラム,長谷川健介, 高橋宏治, ミツトヨ (特許第4514465号, 特開2004-265393, 特願2004-034814)
シーケンス制御系のモデリングシステム、シーケンスプログラム作成支援システム及びシーケンスプログラム作成支援プログラム,長谷川健介, 高橋宏治, ミツトヨ(特開2004-164013, 特願2002-325752)
シーケンス制御系のモデリングシステム、シーケンスプログラム作成支援システム及び同作成支援プログラムを記憶した媒体,長谷川健介, 高橋宏治, 西見安則, ミツトヨ(特許第3730844号, 特開2002-049410, 特願2000-237796)
プログラマブルコントローラ,長谷川健介, 高橋宏治(特許第1653853号, 特公平03-019563, 特開昭58-158709, 特願昭57-040454)
5)開発教材
 
6)資格
 

■活動

1)学会活動
  計測自動制御学会会員 1980-
 同学会離散事象システム研究会運営委員 1991-1993
 同学会システム工学部会運営委員 1994-
 同学会離散事象システム部会幹事 1994-1998
 同学会離散事象システム部会運営委員 1999-2010
 同学会SFC調査研究会委員 2000-2003
 同学会システム・情報部門学術講演会2011プログラム委員長 2010-2011
 同学会離散事象システム部会副主査 2011-2012
 同学会システム・情報部門運営委員会委員 2011-2014
 同学会離散事象システム部会主査 2013-2014
 同学会離散事象システム部会運営委員 2015-
 など
電気学会会員 1983-
 同学会上級会員 2010-
 同学会産業応用部門編修広報委員会委員 1991-1995
 同学会半導体電力変換技術委員会幹事補佐 1991-1998
 同学会インテリジェントプランニング調査専門委員会委員 1993-1994
 同学会社会支援形ロボット基礎技術調査専門委員会幹事 1994-1996
 同学会インテリジェントプランニング応用技術調査専門委員会委員 1996-1997
 同学会シーケンス制御調査専門委員会委員 1997-1999
 同学会半導体電力変換技術委員会幹事 1998-2000
 同学会シーケンス制御における分散システム調査専門委員会委員 1999-2001
 同学会平成12年全国大会委員会実行副委員長 1999-2000
 同学会シーケンス制御における遠方制御・監視システム調査専門委員会委員長 2002-2004
 同学会システム・制御技術委員会2号委員 2002-2003
 同学会シーケンス制御における高信頼化技術調査専門委員会委員 2004-2006
 同学会システム・制御技術委員会委員長 2004-2009
 同学会産業機械制御システムの設計・仕様記述の標準化調査専門委員会委員 2006-2008
 同学会2号代議員 2006-2010
 同学会シーケンス制御の工学的教育調査専門委員会委員 2008-2010
 同学会制御技術委員会1号委員 2010-2014
 同学会産業界が求める新しいシーケンスコントローラの技術展開に関する協同研究委員会幹事 2010-2012
 など
日本ロボット学会会員 1985-
 同学会ロボット学術用語調査研究委員会委員 1985-1988
 同学会ロボット学術用語調査専門委員会幹事 1989-1993
 同学会会誌編集委員会委員・論文査読委員会委員 1993-1995
 など
電子情報通信学会会員 1993-
 同学会コンカレント工学研究専門委員 1994-2001
 同学会コンカレント工学研究専門委員会幹事 2001-2003
 同学会コンカレント工学研究専門委員 2005-2011
 同学会システム数理と応用研究専門委員 2011-
 など
三豊科学技術振興協会評議員 1999-
人事院国家公務員試験専門委員 2004-2011
2)職業能力開発
  職業訓練基準の分野別見直しに係る基礎研究会委員,2015-

■現在の研究・技術開発テーマ等

スマートに(賢く)仕事を達成できる分散と強調によるフレキシブルで高性能なシステム制御、
離散事象システム制御論、
Petri Netの制御応用、
プログラマブルコントローラの国際標準の活用


■受託研究・共同開発テーマ

シーケンス制御システムの設計検証へのペトリネット応用,神奈川県産業技術センターとの共同研究,2012-2014
土木構造物の目視困難な構造部位の実用的診断手法に関する研究,研究代表者 三木千壽,研究分担者 佐々木栄一, 高橋宏治 ほか,2011
土木構造物の目視困難な構造部位の診断手法に関する研究,研究代表者 三木千壽,研究分担者 佐々木栄一, 高橋宏治 ほか,2010
システム統合のためのControl and Computing System Builder,ミツトヨとの共同研究,2007-2008
マーク流れ線図による自動搬送車による生産ラインのシミュレーション,三菱化成との共同研究,1994
高機能・高速な制御システムに関する研究,研究代表者 高橋宏治,分担者 深尾正,1993
マーク流れ線図によるシステムシミュレータ,三菱重工業との共同研究,1993
マーク流れ線図によるICフレキシブル組立ラインの設計・シミュレーション,沖電気との共同研究,1983-1988


■科研費採択課題

ベアリングレスモータのトルクと半径方向力発生機構の体系化に関する基礎的研究,研究代表者 深尾 正,分担者 道岡力, 千葉明, 高橋宏治, 市川 修,1997-1998
シャフトレス・ベアリングレス・アキシャルギャップモータの開発,研究代表者 深尾 正,分担者 千葉明, 道岡力, 高橋宏治,1995-1996
タグ付マーク流れ線図に基づく多品種混流型オートメーションシステムの管理・制御方式,研究代表者 高橋宏治,1990
マーク流れ線図技法によるフレキシブル生産システムの管理・制御方式,研究代表者 高橋宏治,1986


■メッセージ