職業能力開発総合大学校は厚生労働省が所管する大学校です

  • TOP
  • 職業訓練指導員をめざす方
  • 指導員の方
  • 受験生の方 総合課程
  • 在校生の方
  • 卒業生の方
  • 企業の方

English

  • 大学校案内
  • 課程・専攻・学科等
  • 学生生活
  • 社会貢献

職業大トップ  >  大学校案内  >  教員紹介  >  教員詳細

大学校案内

教員詳細

基盤ものづくり系/機械保全・安全
(2016.6.1現在)

准教授

中村瑞穂 

▼学位

博士(工学)明治大学,2014年,工学修士(長岡技術科学大学),2007年
博士課程前期

▼学歴

明治大学理工学部大学院理工学研究科新領域創造専攻
博士後期課程修了,2014 長岡技術科学大学大学院工学研究科機械創造専攻
博士課程前期修了,2007 茨城大学工学部システム工学科卒業,2000 茨城職業訓練短期大学校機械システム系生産技術科卒業,1992

▼メールアドレス

nakamura●uitec.ac.jp

※●は@に変えてください

▼専門分野

機械安全工学、信頼性工学、油空圧制御、機械製図

■ユニット研究と教員研究の関連性

本ユニットで推進する機械保全・安全分野の研究野うち、特に制御による安全についての理論構築を担当している


■私の教育方針

”継続は力なり”,”理論なき実践は危うい”,”実践なき理論は空しい”の理念を基本とした職業人として必要な能力の育成


■主な研究実績等

1)主要論文
  1.学術論文等
    1.国際安全規格に対応した安全教育訓練カリキュラム,工学教育,第63巻,5号,2015
2.Examination of the Safety Control in the Pneumatic Driving System,Proceedings of 2015 IFToMM World Congress October 25-30, 2015, Taipei, Taiwan,DOI Number: 10.6567/IFToMM.14TH.WC.OS12.016
3.ExploringExploring Exploring Exploring the Teamwork Measure for Manufacturing-Project Based Learning,Proceedings of 2015 IFToMM World Congress October 25-30, 2015, Taipei, Taiwan,DOI Number: 10.6567/IFToMM.14TH.WC.PS5.001
4.Consideration of Interlock System Applicable to Pneumatic Driving Systems as the Safety System(BS/EN764-7),Key Engineering Materials Vols 656-657(2015)pp634-640
5.Evaluation Of Sensibility Criteria Of Milling Workers For AssessingNormal Or Abnormal Operating State Based On Cutting Sound,精密工学会/台湾国立中央大学,Proceedings of the 2014 International Conference on Machining, Materials and Mechanical Technologies (IC3MT2014),Taipei, Taiwan,(電子版pp.1〜6)
6.Consideration of Interlock System Applicable to Pneumatic Driving Systems as the Safety System (EN764-7),Proceedings of the 2014 International Conference on Machining, Materials and Mechanical Technologies (IC3MT2014),Taipei, Taiwan,(電子版pp.1〜6)
7.空気圧駆動システム適用されるインタロックの安全関連部(ISO13849)としての妥当性,日本機械学会論文集(C編)80巻814号,2014/06
8.空気圧駆動システムにおける危険側故障を解消するインタロックの提案,日本機械学会論文集(C編)79巻805号 pp.167〜177,2013/09
9.Proposal of Interlock System in Pneumatic and Hydraulic Contorol Systems,Proceedings of 5th International Conference Safety of Industrial Automated Systems pp.251-256,2009/11
  2.本校論文
    1)応用課題を活用した離職者訓練とその評価,職業能力開発総合大学校,職業能力開発研究誌 10項,2014/3
2)FMEA手法による空気圧制御システムにおける安全性解析の実践,技能と技術 2013(1), 11-15, 2013-01,雇用問題研究会
3)実践報告 群馬センターにおける人材高度化研究会の取り組み--地域ニーズに沿ったセミナー展開を目指して,技能と技術 2006(5), 58-63, 2006-09 雇用問題研究会
  3.学会発表・講演等
     1)安全(確認)の原理における調整制御の検討,日本機械学会2015年度年次大会(中村 瑞穂,芳司 俊郎,千葉 正伸,杉本旭),2015
 2)安全制御の原理による圧力容器の安全システムの考察,日本機械学会2014年度年次大会(中村瑞穂,田中慎也,千葉正伸、杉本旭),2014
 3)油・空圧制御システムにおける安全確保,日本機械学会年次大会2014 ワークショップ 安全の基礎を考える(中村瑞穂),2014
 4)空気圧制御システムに適用されるインタロックシステムの安全システム(EN764-7)としての妥当性確認,日本機械学会年次大会2014年(中村瑞穂,田中慎也,千葉正伸,杉本 旭),2013
 5)多品種・少量・包装システムの設計製作,職業大フォーラム、第21回 職業能力開発研究発表講演会(中村瑞穂,安原雅彦,菊池拓男,渡辺忠),2013
 6)技術者のための安全教育に関する考察,職業大フォーラム、第21回 職業能力開発研究発表講演会(芳司俊郎,塩田勇,中村瑞穂,杉本旭),2013
 7)空気圧駆動システムの危険側故障を解消するインタロックの提案,日本機械学会 産業・化学機械と安全部門講演会(中村瑞穂,田中慎也,千葉正伸,杉本旭),2013
 8)空気圧駆動システムにおける安全関連部構成論理とインタロックの提案,第21回日本信頼性学会春季シンポジウム(中村瑞穂、田中慎也、千葉正伸、杉本旭),2012
 9)安全制御の原理による圧力容器の安全システムの考察,第45回安全工学研究発表会(中村瑞穂、田中慎也、千葉正伸、杉本旭),2011
10)自動車の運転と安全確認システムにおけるアクティブ・セーフティーの役割,第44回安全工学研究発表会(中村瑞穂,田中慎也,杉本旭),2010
11)安全制御の原理,第44回安全工学研究発表会(中村瑞穂、田中慎也、千葉正伸、杉本旭),2010
その他:9件
2)著書
  1.PLCによるメカトロ制御入門,日刊工業新聞社,平成23年12月
2.安全基礎工学入門,(社)実践教育訓練研究協会編,平成25年2月
3)受賞
  一般社団法人 実践教育訓練協会,研究奨励書,2005
4)特許(知的財産権)
 
5)開発教材
  1) 機械設計技術者に対する機械安全技術1(機械安全の原則と国際規格) テキスト(スライド123項),2015
2) 安全衛生法web訓練 テキスト(スライド37項),2015
3) デザインレビュー実践技術 テキスト(スライド250項),2014
4) 安全衛生教材作成(応用研究課程) テキスト(スライド150項),2014
5) FMEA/FTA(故障モード影響解析/故障の木解析) テキスト(スライド170項),2014
6) 油圧空気圧制御 講義用スライド(スライド160項),2012
7) 生産自動化システム 講義用スライド(スライド200項),2011
8) 自動化機器設計 講義用スライド(スライド100項),2011
9) 機械工学概論 講義用スライド(スライド150項),2011
6)資格
  1級技能士 機械・プラント製図(CAD作業)
職業訓練指導員免許 機械科

■活動

1)学会活動
  1.一般社団法人 日本機械学会 産業・化学機械と安全部門運営委員会 運営委員 2013-現在に至る
2.一般社団法人 実践教育訓練協会 機械系幹事 2008-現在に至る
3.一般社団法人 日本信頼性学会
4.特定非営利活動法人 安全工学会
5.一般社団法人 精密工学会
2)職業能力開発
  若年者ものづくり競技大会 機械製図(CAD)競技員 2014-現在に至る
技能五輪競技員(「機械製図」職種)2015-現在に至る

■現在の研究・技術開発テーマ等

若年者ものづくり競技大会 機械製図(CAD)競技員 2014-現在に至る
技能五輪競技員(「機械製図」職種)2015-現在に至る


■受託研究・共同開発テーマ


■科研費採択課題


■メッセージ

ものづくりの原点は「安全、安心」です。本研究室では機械・システム側からの安全とそれを操作して作業を行う人間側の安全および機械やシステムの安全確保には不可欠であるメンテナンス(保全)の研究を行っております。受験生の皆さん、安全と保全の分野はものづくりにおいて重要であり成長が期待される分野ですので一緒に研究したい学生を募集しております。