職業能力開発総合大学校は厚生労働省が所管する大学校です

  • TOP
  • 職業訓練指導員をめざす方
  • 指導員の方
  • 受験生の方 総合課程
  • 在校生の方
  • 卒業生の方
  • 企業の方

English

  • 大学校案内
  • 課程・専攻・学科等
  • 学生生活
  • 社会貢献

職業大トップ  >  大学校案内  >  教員紹介  >  教員詳細

大学校案内

教員詳細

基盤ものづくり系/NC・CAM
(2015.7.24現在)

助教

太田和良 oota kazuyoshi

▼学位

修士(工学)
長岡科学技術大学,
2006

▼学歴

長岡技術科学大学大学院工学研究科修士課程修了,2006

職業能力開発大学校生産機械工学科卒業,1996

▼メールアドレス

oota●uitec.ac.jp

※●は@に変えてください

▼専門分野

射出成形金型

■ユニット研究と教員研究の関連性

本ユニットで推進する射出成形、金型加工、CAD/CAMに関する研究
現在は射出成形の離型抵抗に関する研究を担当


■私の教育方針

機械関連の技能・技術の基礎を身に付け、ものづくりを楽しんで取り組み、自身で創意工夫ができる人材の育成


■主な研究実績等

1)主要論文
  1.学術論文等
    教育現場におけるリスクアセスメントの実践と実技指導に関する一考察,長岡技術科学大学修士論文,2006/03
  2.本校論文
    日・中・韓大学金型グランプリの取組み,職業能力開発総合大学校東京校紀要第27号(中村佳史,前田晃穂,鈴木勝博),2011/09
  3.学会発表・講演等
    昆虫の協調演奏システムの開発-二色成形法による昆虫形状の成形-,実践教育研究発表会(前田晃穂)、2012
2)著書
  「射出成形作業ここまでわかれば一人前」日刊工業新聞社(分担執筆,主要著者榊原充),2011
3)受賞
  実践教育訓練研究協会,研究奨励賞,2005
4)特許(知的財産権)
  -
5)開発教材
  金型要素設計,2008
射出成形実習,2008
金型設計,2007
プラスチック成形金型,2006
6)資格
  一級技能士(汎用フライス盤)

■活動

1)学会活動
  実践教育訓練研究協会運営委員 2002-
2)職業能力開発
  技能五輪競技主査(「機械組立て」職種) 2015-

■現在の研究・技術開発テーマ等

射出成形における離型抵抗に関する研究


■受託研究・共同開発テーマ


■科研費採択課題


■メッセージ