職業能力開発総合大学校は厚生労働省が所管する大学校です

  • TOP
  • 職業訓練指導員をめざす方
  • 指導員の方
  • 受験生の方 総合課程
  • 在校生の方
  • 卒業生の方
  • 企業の方

English

  • 大学校案内
  • 課程・専攻・学科等
  • 学生生活
  • 社会貢献

職業大トップ  >  大学校案内  >  教員紹介  >  教員詳細

大学校案内

教員詳細

能力開発応用系/受講者支援
(2017.7.1現在)

准教授

竹下 浩 Takeshita Hiroshi

▼学位

博士(心理学)九州大学, 2016

博士(経営管理)青山学院大学,2010

修士(MBA)(Warwick Business School),1996

▼学歴

九州大学大学院人間環境学府博士後期課程修了, 2016

青山学院大学大学院国際マネジメント研究科博士課程修了,2010

Warwick Business School(UK)修士課程修了,2005

東京都立大学経済学部経済学科卒業,1986

▼メールアドレス

takeshita●uitec.ac.jp

※●は@に変えてください

▼専門分野

働くスキルの開発

■ユニット研究と教員研究の関連性


■私の教育方針

技能・技術・イノベーション間の関係や、ものづくりにおけるチームワークのメカニズム、技能の科学、職業訓練心理学などを担当しています。 双方向の授業で、知識だけでなく、自分の頭で考え言葉にする「概念的スキル」、自分の思いを伝えチームや組織を巻き込む「対人的スキル」を向上しましょう。


■主な研究実績等

1)主要論文
  1.学術論文等
   

チーム学習活動:組織的成果への影響と動機づけ要因の検討,産業・組織心理学研究(竹下 浩・山口裕幸,30(2), 187-197),2017/3

 

A System to Depict the Cognitive Process of Trainees based on Multiple Skill Parameters:-System Validation Involving Normal Individuals with an Electrician's License-, Journal of Communication and Computer, (ISSN 1548-7709)(Fujita, N., Takeshita, H., Fukae, H., Aoki, S., Matsumoto, K., Murakami, T., Hoshino, M. 14, 73-83), 2017/2

 

The effects of teamwork on competency-building in Manufacturing-PBL (Project-based Learning), The European Proceedings of Social & Behavioural Sciences EpSBS,(DOI: 10.15405/epsbs.2016.11.74)(Takeshita, H., Fujita, N., & Yamaguchi, H., 714-724), 2016/10

 

ものづくり型PBLにおけるチームワーク形成過程,教育心理学研究(竹下 浩・奥秋清次・中村瑞穂・山口裕幸,64(3), 423-436),2016/9

 

チーム学習の先行研究と今後の方向性―応用課程への示唆―,職業能力開発研究誌(竹下 浩・山口裕幸,32(2), 136-143),2016/3

 

ものづくりPBLにおける個人のチームワーク測定尺度の開発(第1報)―応用課程の開発課題における個人のチームワーク能力測定尺度の作成のための調査―,四国職業能力開発大学校・高知職業能力開発短期大学校紀要(下釜洋一・鳥谷部 太・竹下 浩,27, 75-82),2016/1

 

Exploring the Teamwork Measure for Manufacturing-Project Based Learning, The 14th IFToMM World Congress Proceedings (DOI No.:10.6567/IFToMM. 14TH. WC. PS5. 001)(Takeshita, H., Okuaki,S., Nakamura, M., & Yamaguchi, H., 6 pages),2015/10

 

Examination if the safety control in pneumatic driving system, The 14th IFToMM World Congress Proceedings (DOI No.:10.6567/IFToMM. 14TH. WC. OS12. 016)(Nakamura, M.., Okabe, M.., Chiba, M.., Takeshita, H., Hoshi, T., Hoshino, M., & Sugimoto, N., 7 pages),2015/10

 

海外におけるヒューマンスキル実証研究と職業能力開発への応用,職業能力開発研究誌(竹下 浩,山口裕幸,31(1),1-9),2015/03

 

An Analysis of Learner Attributes and Interactions in Synchronized E-learning, Educational Technology Research (Takeshita, H., & Okada, Y., 33(1-2), 55-62), 2010/11

 

中国進出プロジェクトにおける外部専門家の支援プロセス,経営行動科学(竹下 浩,22(1),21-33),2009/04

同期型e-learningにおける学習者特性とインタラクションの分析,日本教育工学会論文誌(竹下 浩,岡田行弘,34(1),149-156),2008/10

 

現地スタッフ育成の新たなアプローチ:熟練者との場によるコミュニケーション力の強化,公益社団法人全日本能率連盟 第59回全国能率大会発表論文集(竹下 浩,B13-26),2007/08

  2.本校論文
   
  3.学会発表・講演等
   

A System to Depict the Cognitive Process of Trainees based on Multiple Skill Parameters, The 10th International Conference on Advances in Computer-Human Interactions, ACHI 2017 Proceedings, (ISBN: 978-1-61208-538-8)(Fujita, N.., Takeshita, H.., Aoki, S., Fukae, H.., Matsumoto, K.., Murakami, T.., Hoshino, M. 114-121),2017/3

 

Psychosocial interventions in an Employment Transition Support Center: Support staff’s psychological balance, World Congress of Social Psychiatry-WASP2016 Abstracts; Indian Journal of Social Psychiatry,(Takeshita, H. & Fujita, N., 32(4), 444),2016/11

 

発達障害者への対応を学ぶ問題解決型協調学習支援システム―第4報 アセスメント・ツールの信頼性評価―,教育システム情報学会第41回全国大会予稿集(藤田紀勝,青木 翔,深江裕忠,星野 実,村上智広,松本和重,竹下 浩, 385-386),2016/8

 

ものづくりPBL版個人のチームワーク能力測定尺度の開発,日本応用教育心理学会第30回研究大会発表論文集(下釜洋一・鳥谷部 太・竹下 浩, 40-41),2015/12

 

大学生の労働価値観に影響する要因の探索,日本応用教育心理学会第30回研究大会発表論文集(鳥谷部 太・下釜洋一・竹下 浩, 42-43),2015/12

 

行動文脈から知性特性を評価するシミュレーションシステムの開発,職業大フォーラム2015、第23回職業能力開発研究発表講演会講演論文(示野陽太朗・藤田紀勝・深江裕忠・竹下 浩・星野 実・松本和重・村上智広, 40-41),2015/10

 

発達障害者への対応を学ぶ問題解決型協調学習支援システム:第3報 知性特性評価システムの開発,第40回教育システム情報学会全国大会論文集(藤田紀勝・深江裕忠・竹下 浩・星野 実・村上智広・松本和重, 169-170),2015/9

 

身体性認知科学に基づくフライス加工技能のユーザモデルと生体計測との関係,ヒューマンインタフェース学会HIS2015(不破輝彦・菅野恒雄・和田正毅・岡部眞幸・池田知純・二宮敬一・寺内美奈・竹下 浩・新目真紀・小山田孝輔・小林優介・西ノ園太一・山田駿太・山本尚明・古川勇二, 3213),2015/9

 

ものづくりPBLチームワーク測定尺度の作成,日本教育心理学会第57回総会発表論文集(竹下 浩・奥秋清次・前田晃穂・千葉正伸・山口裕幸, 1013770-1),2015/8

 

発達障害者への対応を学ぶ問題解決型協調学習支援システム:第2報 知性特性評価シートの作成,教育システム情報学会第6回研究会報告(藤田紀勝・深江裕忠・竹下 浩・星野 実・村上智広・松本和重, A-1-2),2015/3

 

チーム学習の集団間比較モデル,産業組織心理学会第28回大会(竹下 浩,山口裕幸),2012/9

 

OSS参加におけるエンジニアの行動変容過程,日本グループ・ダイナミクス学会第59回大会(竹下 浩,山口裕幸),2012/9

 

Managing Boundary Learning in Multinational Companies Subsidiaries: An Empirical Study of Japanese Multinational Companies, The 4th Rikkyo University-Northeastern University International Business Studies Symposium(Takeshita H.), 2011/6

 

海外進出における外部知見の活用:プロセスと特性,組織学会研究発表大会報告要旨集(竹下 浩, 153-156),2009/6

 

中国進出プロジェクトにおける外部専門家の知見と活用,中国経営管理学会第9回全国大会(http://jacem.org/old/manage/taikai/taikai009/taikai009.html)(竹下 浩),2008/5

 

中国進出プロジェクト:失敗とリスクの予防,商事法務協会(竹下 浩),2005/3

 

2)著書
  チームワーク能力UPゼミシリーズ 思いを伝える記号化スキル Amazon.com(企画編集,著者相川充),2013

チームワーク能力UPゼミシリーズ 話し合いを深める同調スキル Amazon.com(企画編集,著者相川充),2013

チームワーク能力UPゼミシリーズ メンバーへの情緒支援スキル Amazon.com(企画編集,著者相川充),2013

チームワーク能力UPゼミシリーズ チームの状況把握スキル Amazon.com(企画編集,著者相川充),2013

チームワーク能力UPゼミシリーズ リーダーの公平対応スキル Amazon.com(企画編集,著者相川充),2013

MBA国際マネジメント事典 中央経済社(9項目執筆,編集代表伊藤文雄,堀内正博),2007
3)受賞
  台北市國際青年商工會 職業日語優秀講師,1991
4)特許(知的財産権)
  情報処理装置、情報処理方法、情報処理システムおよびプログラムI職務発明(出願番号2013-161777),2013/9
5)開発教材
  チームワーク能力診断アプリと相互学習支援サイト,2013/11
6)資格
  マスター・マネジメント・コンサルタントJ-MCMC (18039)

FP技能士(中小企業主)(2F3-1-03-006664)

■活動

1)学会活動
  産業・組織心理学会会員 2012-

日本グループ・ダイナミクス学会 会員 2012-

経営行動科学学会会員 2009-

組織学会会員 2009-

実践的グラウンディッド・セオリー・アプローチ研究会世話人 2009-

日本教育心理学会会員 2008-

日本教育工学会会員 2007-

国際社会貢献センター賛助会員 2007-
2)職業能力開発
 

■現在の研究・技術開発テーマ等

・技能科学(技能習得の心理的促進要因)

・指導員が技術を訓練生に教えるスキル

・チーム学習と革新

・就労移行支援のプロセス"


■受託研究・共同開発テーマ


■科研費採択課題

発達障害者への対応を学ぶ問題解決型協調学習支援システム,研究代表者藤田紀勝,分担者竹下浩ほか,2015


■メッセージ