職業能力開発総合大学校は厚生労働省が所管する大学校です

  • TOP
  • 職業訓練指導員をめざす方
  • 指導員の方
  • 受験生の方 総合課程
  • 在校生の方
  • 卒業生の方
  • 企業の方

English

  • 大学校案内
  • 課程・専攻・学科等
  • 学生生活
  • 社会貢献

職業大トップ  >  大学校案内  >  校長あいさつ

大学校案内

校長あいさつ

平成28(2016)年4月1日付けで第7代校長に就任いたしました。
どうぞよろしくお願いいたします。

科学・技術・技能の3本柱を建学の精神とする職業能力開発総合大学校(職業大、英文名称はPolytechnic University, 略称PTU)は、昭和36(1961)年4月「中央職業訓練所」として設立され、爾来55余年に亘り、職業訓練指導員の養成・研修、職業能力開発に関する調査・研究、生産現場で活躍する有為な人材の育成の中核機関として、我が国のものづくり産業を支える人材の輩出を続けています。

ものづくりの“プロセス”、ひとづくり“のイノベーターとして将来を担う技術者を育成する平成24年4月に開設しました「総合課程」(4年間の学修により学士(生産技術)を取得)では、ポリテクニク・ユニバーシティと呼ぶにふさわしいキャリア重視の教育を通して、平成28年3月第1期生を世に送り出して以来、卒業生の6割は上場企業等の民間企業、4割は社会的要請の高い国家資格である職業訓練指導員の候補者としてJEEDに採用され、就職率は100%を継続しています。


 
校長 圓川 髟v
工学博士
東京工業大学名誉教授
デミング本賞、紫綬褒章、他多数受賞

また、平成28年4月からは職業能力開発研究学域(2年間の学修により修士(生産工学)の学位と、「職業訓練指導員免許」を取得)を新たに開設し、順調に入学者を受け入れています。同時にPTUは、国際・国内の技能五輪や技能検定に係る競技主査・委員輩出や、技能を科学する研究のCOE(Center of Excellence)としても、わが国のものづくりや社会に貢献しています。

 

第4次産業革命による技術の変化、現在の日本が抱えている高齢化、人口減への対応、そして、誰もが活躍できる社会の実現や、先進国の中で低いことが指摘されている生産性向上に向けて、PTUは、教育・研究環境を整備しつつ日本の職業能力開発の発展に一層努めてまいります。


関係各位のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

略歴
昭和24(1949)年11月27日生まれ
昭和50(1975)年 東京工業大学大学院修士課程 経営工学専攻修了
昭和55(1980)年 工学博士、東京工業大学助教授
昭和63(1988)年 東京工業大学教授
平成12(2000)年 東京工業大学評議員
平成14(2002)年 東京工業大学理財工学研究センター長
平成15(2003)年 東京工業大学大学院社会理工学研究科長
平成17(2005)年 東京工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科長
平成28(2016)年 職業能力開発総合大学校長