SYOKUGYO DAI 職業能力開発総合大学校

電気専攻

電気システム技術は、家電、ロボット、電力ネットワーク、鉄道、電気自動車など、あらゆる分野で利用されており、現代社会には不可欠です。特に、省エネルギー技術を駆使して環境に配慮した電気機器や太陽光発電の設計、ファクトリーオートメーション、電気制御システムの保守管理はニーズが高く、これらに対応できる人材が望まれています。
電気専攻では、電磁気学、電気回路論を基礎とし、そのうえで生産技術と関係する電力、電気機器、計測・制御等の分野について、設計、生産、保全、管理などの工程に関する内容を含め、講義・演習・実験・実習を体系的に組み合わせたカリキュラムを提供します。様々な生産現場で発生する問題の正確な把握、原因究明、適切な対策の提案、新製品や生産プロセスを設計・製作・評価するための基礎能力を習得することで、システムや製品の開発からその効率的な製造までを一貫してリードできる技術者を育成します。

学べるポイント!

  • 電気専攻の学生として必要な基礎を徹底的に学びます。
  • 工場自動化やロボットなどの構築に必要な計測・制御技術を学びます。
  • モータや発電機を利用するような電気機器の設計技術を学びます。
  • 電気エネルギー設備の施工・管理や環境エネルギー技術を学びます。
  • 職業能力開発促進法に基づいて、卒業時に行われる「技能照査」により技能の質を保証します(合格者には「技能士補」の称号を付与します。)

取得を目指す技能士

  • 2 級技能士(電気系に関する職種[ 以下、1 級も同様]、在学中に受検資格)
  • 1 級技能士(技能士補の実務経験2 年で学科免除、卒業後実務経験1 年で受検資格)

取得できる資格等

  • 電気主任技術者(実務経験後申請で取得可能※1)
  • 1 級電気工事施工管理技術者(学科免除※2)

※1:第1 種(卒業後5 年以上の実務経験)、第2 種(卒業後3年以上の実務経験)、第3 種(卒業後1年以上の実務経験)。
※2:卒業後実務経験による

専攻主任からのメッセージ~渡邉信公 教授~

産業界のあらゆる分野で活躍する電気の生産技術者を目指して

電気は現代社会に欠くことのできないエネルギーとして、人々の生活から様々な産業まで広く浸透しています。電気エネルギーを安全に安定して供給し、安心して使える社会、その担い手として活躍する電気の生産技術者を目指し、電気専攻は厳しく教育を行います。専攻の内容は、電力・パワーエレクトロニクスから制御・新エネルギーなど、基礎から最新の電気技術に至 るまでバラエティーに富んだメニューを用意し、学ぶ興味を引き出せるように構成しています。専攻の厳しい教育の中で得られる精神力と技術・技能、さらに技能士補や電気主任技術者等の様々な資格は、社会に出たときに直面するいろいろな困難・問題も乗り越える力を与えてくれるでしょう。 電気専攻で学び、多くの仲間を得て、人間的にも専門の生産技術者としても大きく育ってほしいと思います。

カリキュラム

実学一体であらゆる生産現場で通用する電気エネルギーの有効利用技術を学びます

まず電気回路技術をコアとして電子・情報・機械技術を包含した基礎を徹底的に学習。そのうえで、代表的な技術分野である電気エネルギー変換、計測・制御、環境、生産現場に直接対応した分野の電気設備の設計・施工・管理、工場自動化、 電動力応用、自然エネルギー利用を習得します。また、実践的なものづくりとして太陽光発電や電動車両に関する製作等も行います。これらの科目と卒業研究を通じて、幅広い専門知識と優れた問題解決能力を身に付け、生産現場の技術革新にいち早く対応できるようになります。

◀「専攻紹介」へ戻る

◀TOPへ戻る


独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構
職業能力開発総合大学校
〒187-0035 東京都小平市小川西町2-32-1
TEL(代表)042-341-3331/学生課042-346-7127
©職業能力開発総合大学校 All rights researved