職業能力開発総合大学校は厚生労働省が所管する大学校です

  • TOP
  • 職業訓練指導員をめざす方
  • 指導員の方
  • 受験生の方 総合課程
  • 在校生の方
  • 卒業生の方
  • 企業の方

English

  • 大学校案内
  • 課程・専攻・学科等
  • 学生生活
  • 社会貢献

職業大トップ  >  社会貢献  >  公的研究費

社会貢献

公的研究費

公的研究費の適正な執行について

「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日文部科学大臣決定。以下「ガイドライン」という。)に基づき、職業大においては、これまで諸規則を制定し、公的研究費の適正な執行に努めて参りました。今回、平成26年2月18日にガイドラインが改正され、各研究機関においては、公的研究費のさらなる適正な管理がなされるよう必要な事項が示されました。それを受け、職業大においては、公的研究費に係る責任体制等を周知・公表することにいたしました。

 

公的研究費の管理責任体制

職業大では、校長を最高管理責任者、管理担当副校長を統括管理責任者、管理部長をコンプライアンス推進責任者として、公的研究費の適正な運営及び管理を行っています。

最高管理責任者の役割
最高管理責任者は、次の役割を担当します。
  公的研究費の運営及び管理について最終責任を負うとともに、統括管理責任者が適切な運営及び管理ができるよう、管理運営体制の充実、強化に努めます。
  公的研究費の運営及び管理並びに執行が適正に行えるよう、適切にリーダーシップを発揮するとともに、不正使用が行われる要因の把握に努め、違法行為や不正の防止のための措置を講じます。
  公的研究費の運営・管理に係る関係職員の意識向上を図るため、随時研修等を実施します。
統括管理責任者の役割
統括管理責任者は、次の役割を担当します。
  最高管理責任者を補佐し、公的研究費の運営及び管理の実施を統括し責任を負います。
  不正防止計画の策定及び実施を行うとともに、その実施状況を最高管理責任者に報告します。
コンプライアンス推進責任者
コンプライアンス推進責任者は、次の役割を担当します。
  不正防止対策を実施し、実施状況を確認するとともに、統括管理責任者に実施状況を報告します。
  公的研究費の運用・管理に関わる全ての構成員に対しコンプライアンス教育を実施し、受講状況の管理監督及び理解度の把握を行います。
  構成員が適切に公的研究費の管理・執行を行っているか等をモニタリングし、必要に応じて改善を指導します。

 

告発窓口等

職業大の公的研究費の運営・管理に関して、法令違反行為等の疑義が生じた場合は、以下の窓口に通報してください。通報を受けた場合、必要に応じて職業大に調査委員会を設置し、調査を行います。なお、通報者が特定されないよう配慮するほか、通報により通報者が不利益を被らないようにいたします。
 〈告発窓口〉TEL     042−346−7610(経理課)
       メールアドレス ptu01●jeed.or.jp(●は@に置き換えてください)    (職業大代表)

 

不正取引

職業大においては、公的研究費の不正取引に厳格に対処し、不正取引が起きない、起こさない環境づくりに取り組んでいます。公的研究費の不正使用に関して、厳しく対処して参りますのでご協力をお願いします。
なお、次のような不正取引が確認された場合、その内容に応じて取引停止等の措置を講じる場合があります。
 ・架空の発注・納品により、支払われた研究費を取引先において管理すること。
 ・取引事実と異なる品名に書き換えた書類を職業大に提出すること。

 ・その他上記以外の虚偽の書類を作成すること。