研究活動

トップ > 研究活動 > 研究ユニット紹介 > 溶接ユニット

研究ユニット

溶接ユニット

ユニットの概要
第56回技能五輪全国大会「電気溶接」職種課題見本

 溶接工学に関する研究の推進,指導員養成訓練、研修課程および総合課程における講義・実験実習の担当.職業大が担当する技能五輪(電気溶接職種)への貢献.ユニット研究として,(1)溶接時に発生する有害因子(紫外放射,ブルーライト,ヒューム)の検討,(2)アルミ二ウム合金薄板の高速溶接の検討,(3)鋳鉄の溶接法・施工法の検討などを行っている.

ユニットの担当分野

溶接工学 労働衛生

教員
主な研究テーマ

(1)各種溶接法から発生する有害因子の検討
(2)アルミ二ウム合金薄板の高速溶接の検討
(3)鋳鉄の溶接法・施工法の検討

  • アーク溶接はモノづくりに欠かせない技術の一つです.しかし,ヒューム(煙)や有害光などの有害因子を放出します.溶接ユニットでは溶接技術のみではなく健康な社会生活を行うための研究も行っています.

資料請求 お問い合わせ 利用者の声

ページ先頭へ戻る