研究活動

トップ > 研究活動 > 研究ユニット紹介 > 塑性加工ユニット

研究ユニット

塑性加工ユニット

ユニットの概要
CO2レーザ加工機, 出力4500W

塑性加工、金属材料試験、金型加工、熱処理、レーザ加工、放電加工等をバックボーンとする基盤ものづくり系機械分野。
ユニット研究としては,(1)マグネシウム合金圧延板の冷間塑性加工に関する研究(2)炭素材料を用いた接地極の強度特性と構造に関する研究
(3)サーボプレスの振動解析と打抜き振動低減に関する研究などを行っています。

ユニットの担当分野

塑性加工,プレス金型,熱処理,放電加工,レーザ加工,FEM解析など

教員
主な研究テーマ

1.マグネシウム合金圧延板の冷間塑性加工に関する研究
2.炭素材料を用いた接地極の強度特性と構造に関する研究
3.サーボプレスの振動解析と打抜き振動低減に関する研究

  • 金属板材の張出し形成
  • NCプレスブレーキによる金属板材の精密曲げ加工

資料請求 お問い合わせ 利用者の声

ページ先頭へ戻る