課程・専攻

トップ > 課程・専攻 > 総合課程 > 専攻紹介 > 機械専攻

機械専攻

  • マシニングセンタによる機械加工
  • フライス盤による技能検定課題の製作
  • グラインダーによる機械加工
  • CAD図面
  • 精密加工実習の成果物(スライダクランク機構)
  • フライス盤

日本の機械技術は、自動車、家電、ロボット、航空機などの産業分野、および工作機械や金型などの基盤技術の分野において世界最先端であり、ものづくり立国 「日本」を支えています。グローバル化が進む今日、国際競争力に優れた機械技術の開発・発展が必要であり、明日の技術を創造し、発展・伝達していく人材が 望まれています。
機械専攻では、材料力学、機械力学、流体力学、熱力学を基礎とし、そのうえで生産技術に関わる材料、設計、加工、計測、生産システム、メカトロニクス、制御、保全、管理等の分野について、講義・演習・実験・実習を体系的に組み合わせたカリキュラムを提供します。技能を習得する過程に発生する現象の実験的・ 理論的な解明を通じて、幅広い問題解決能力を養い、さらに新製品とその生産方法を自ら創案できる設計・生産能力の基礎を習得することで、産業界が望む実践力と、生産現場で指導的役割を担うことのできる能力を兼ね備えた技術者を育成します。

学べるポイント!

  • 機械専攻の学生として必要な基礎を徹底的に学びます。
  • 充実した実習設備で専門的なものづくりに関する技術・技能を身に付けます。
  • 製造現場を模したカリキュラムで、実践的な技術・技能を身に付けます。
  • 専攻を越えた幅広い知識と現場を管理するマネジメント力や指導力を身に付けます。
  • 職業能力開発促進法に基づいて、卒業時に行われる「技能照査」により技能の質を保証します(合格者には「技能士補」の称号を付与します。)

取得を目指す技能士

  • 2級技能士(機械系に関する職種[以下、1級も同様]、在学中に受検資格)
  • 1級技能士(技能士補の実務経験2年で学科免除、卒業後実務経験1年で受検資格)

取得できる資格等

  • アーク溶接特別教育修了証
  • ガス溶接技能講習修了証
     (東京労働局長登録教習機関安第296号 登録有効期間満了日 令和5年3月27日) 

専攻主任からのメッセージ - 藤井 信之 教授

藤井 信之 教授

日本の将来を担う皆さんへ

ものづくりに関する技能・技術は、産業革命の時代から今日に至るまで、人類の発展に大きく寄与している重要なアイテムです。それらは常に進歩を遂げ益々人間社会における重要度が増しています。
機械専攻では、「実際にものづくりができ、それらの技能・技術・ノウハウを教えることができる」能力を身に付けてもらうため、洗練されたカリキュラムを準備しています。目的を達成するため多くの特色ある授業が行われていますが、卒業までの道のりは決して楽なものではありません。そのため、教職員は一体となって学生諸君をサポート致します。皆さんには、将来の技術革新にも十分対応できる応用力や問題解決能力を身に付け、ものづくりの次世代を担う人材になって下さることを期待しております。身に付けた崇高な能力はいかなる社会でも成果を上げることができます。意欲と希望を持ち真摯な態度で勉学に励んで下さい。

カリキュラム

多くの実験・実習と充実した機器を用いて実践的な科学・技術・技能を学びます

機械専攻では、まず機械工学全般の基礎を学び、そのうえで機械設計技術、加工技術、測定技術など、ものづくりに関する基盤技術を中心とし、NC工作機械、FAシステムやロボットに必須の計測・制御、自動化技術などを学びます。これらを講義だけでなく、豊富な実験・実習により実践的な技能・技術とともに身に付けます。
さらに、グループによる総合的な課題実習を通じて、生産現場に必要な応用力や問題解決能力を身に付け、また卒業研究により、ものづくりに関する実験や理論的な評価・検証を行うことで、問題解決能力へと通じる論理的思考をできるようになります。
 

機械専攻研究ユニット紹介

ユニット名 概要
機械CADユニット 1) 機械系ものづくり分野におけるCAD/CAE,機械設計製図、基礎力学,機械加工に係る基盤技術・技能および教材開発に関する研究の推進
2) 指導員養成訓練、研修課程および総合課程におけるCAD/CAE,機械設計製図,基礎力学,機械加工分野の講義・実験実習の担当,ならびに当該分野の情報収集
3) 職業大が支援する技能審査,技能五輪(機械製図職種),若年者ものづくり競技会(機械製図(CAD)職種)への貢献
機械加工ユニット (1) 機械系ものづくり分野における機械加工学,精密加工学,精密測定工学、CAD/CAM、機械加工に係る基盤技術・技能および教材開発に関する研究の推進
(2) 指導員養成訓練、研修課程および総合課程における機械加工分野の講義・実験実習の担当さらにこの分野の情報収集
(3) 職業大が担当する技能検定(機械加工職種)、技能五輪(精密機器組立て職種、フライス盤職種)、若年者ものづくり競技会(旋盤職種、フライス盤職種)、技能グランプリ(フライス盤職種)への貢献
NC・CAMユニット NC・CAMユニットでは次の三つの視点を重点として研究・教育活動を行っています。
■機械加工分野におけるCAD/CAM、金型加工、射出成形、NC加工、仕上げに係る基盤技術・技能および教材開発に関する研究の推進
■指導員養成訓練、研修課程および総合課程における機械加工、NC・CAD/CAM、設計工学分野の講義・実験実習の担当、ならびに当該分野の情報収集
■職業大が支援する技能検定(機械加工職種、仕上げ職種、機械検査職種)、技能五輪(競技主査、機械組立て職種)、技能グランプリ(旋盤職種)等への貢献
機械保全・安全ユニット 機械保全・安全ユニット(U13)は、大きく2つの分野に関する研究を行っている。1つは「セーフティーメンテナンス」で機械安全、機能安全、労働安全、信頼性工学についての研究活動を行っている。2つ目は「VR/ARと技能伝承・向上支援分野」であり、作業者の技能伝承における効率的教育法を推進しており、特に技能伝承のための挙動曲面の提案とAR/VR導入研究である。
塑性加工ユニット 塑性加工、金属材料試験、金型加工、熱処理、レーザ加工、放電加工等をバックボーンとする基盤ものづくり系機械分野。
ユニット研究としては,(1)マグネシウム合金圧延板の冷間塑性加工に関する研究(2)炭素材料を用いた接地極の強度特性と構造に関する研究
(3)サーボプレスの振動解析と打抜き振動低減に関する研究などを行っています。
溶接ユニット  溶接工学に関する研究の推進,指導員養成訓練、研修課程および総合課程における講義・実験実習の担当.職業大が担当する技能五輪(電気溶接職種)への貢献.ユニット研究として,(1)溶接時に発生する有害因子(紫外放射,ブルーライト,ヒューム)の検討,(2)アルミ二ウム合金薄板の高速溶接の検討,(3)鋳鉄の溶接法・施工法の検討などを行っている.
メカトロニクスユニット メカトロニクスユニットでは、機械を電子制御するメカトロニクスを中心に、ロボットや生産設備等への応用、およびそれらの教育方法について研究しています。ユニットの主な役割は以下の通りです。
1. メカトロニクス技術およびそれらの教育に関する調査・研究
2. 指導員養成訓練、指導員技能向上訓練(研修課程)、総合課程におけるメカトロニクス分野の講義・実習の担当
3. 技能競技大会(WorldSkills、技能五輪全国大会、若年者ものづくり競技大会)メカトロニクス職種、技能検定への貢献
構造物鉄工ユニット  鋼構造は、建築構造物や機械構造物、橋梁・プラント・造船等で利用され経済を支えています。鋼構造材料は非常に強靭で耐震性に優れ、加工性にも優れています。身近な構造物では、東京スカイツリー・あべのハルカス・大空間ドーム・長大なレインボーブリッジ・超高層ビル・商業施設・一般住宅などがあります。
 本研究室では、鋼構造設計・材料力学・材料実験・鉄骨製作施工管理、構造実験・鉄骨製作施工検証や職業訓練指導員に対する鋼構造・構造物鉄工指導員研修を行っています。また、大型地震や火災などを受けた鋼構造溶接接合部や高力ボルト摩擦接合部の疲労強度や健全性評価の学術的研究を行っています。
 技能者育成に向けて本研究室では、技能五輪全国大会「構造物鉄工」職種の競技主査、競技委員、国際大会強化委員を務め、日本の「ものづくり」を支援しています。
機械環境エネルギーユニット 機械力学や熱流体など機械工学の基礎をふまえた新分野への展開に関する研究を推進している。
指導員養成訓練、研修課程および総合課程における上記関連分野の講義・実習・情報収集をしている。
職業大が担当する技能五輪、若年者ものづくり競技大会、技能検定における関連分野で貢献している。
福祉ユニット  高齢社会の急速な進展に伴い、心身の機能が低下した高齢者や心身障がい者の自立を促進し、生活の質(QOL:Quality of Life)向上のための福祉機器の開発が求められています。また、福祉分野は「新成長戦略」の1つとして位置づけられており、ライフ・イノベーションの目的実現に向けて、高齢者や障がい者に関して研究開発と福祉関連に携わるものづくり人材の育成は重要となっています。
 福祉ユニット(U40)では、高齢者や障がい者の生活を豊かにする福祉機器の研究・開発を行います。

資料請求 お問い合わせ 利用者の声

ページ先頭へ戻る