〜柳沢峠のラン〜(成田)

 柳沢峠は1年生にとって3回目となるラン。
今回は建築系教員の松留先生も参戦。
標高1472m、はたして登れるのだろうか?

脚が痛い、尻が痛い、喉乾いた・・・。
傾斜はそれほど辛くなかったが、ひたすら長かった。
晴れていたおかげで、峠から富士山が見えた!

当然だが、下りは登った時間に比べ一瞬で終わった。
途中、道の駅と温泉が一緒になった「のめこいの湯」で遅めの昼食。
みんなばてているのか会話があまり続かなかった気がする。




その後、奥多摩湖・多摩川に沿って福生南公園まで。
途中雨が降ってきたが事故なく無事に解散することができた。
感想
無事、柳沢峠を越えることができたが、一回目に比べると確実に距離・標高が高くなっており、日頃体を動かしていない私にとって非常に大変だった。
このランをきっかけに、授業のない日に友人とジムに行くようになった。
顧問の和田先生よりまだまだ若いので、体力で負けないようにしたい。