〜大弛峠を上りきって〜(馬越)

塩山駅からスタートするもっと前。
小川駅から国分寺行きに乗る電車に乗り遅れる。

ホームの階段半分降りた所でドアは閉まった。
こうなるなら昨夜に輪行袋使って慣れときゃよかったと反省。
結局30秒の遅れが30分のスタート遅れになりました。みなさんごめんなさい。

スタートした後はいい感じだった。
でも、直ぐに上り坂が・・・・。



駅出て1時間でもうヘトヘト状態。
駅の直後から上りしかない。
まっすぐの坂を上るって・・・・・・・こんなにきついのか思い知らされる。
山上りはクネクネしてるから登りやすいけど、直線の坂は本当にキツイ。
上ってもまだまだ先が見えるのがツライ・・・・・
5時間半もの間上りっぱなしでした。
コンビニなし。
自動販売機なし。

これは本当に水と食料(昼食持参だった)は搭載しておかないとマズかったと再度、反省。
途中の坂で足をつる部員も・・・。

先生「この坂本当にキツくて、心が4・5回折れそうになったよ」
ほんとに、その通りです。
先生「でも家に帰るとまた来たくなるんだよなぁ」
名言が生まれました。

直線坂から本格的に山に入るとクネクネ坂に。休み休み上りつつ・・・・
意外に山の上のほうは涼しい。
いや、むしろ寒い。
寒いなか食べた、峠の小屋でカップヌードルが美味しかった。
これが峠の小屋です。




カップヌードルを食べ終わったらもう夕方4時で、すぐに下り始めた。
駅に着いたのは5時で、下りは1時間でした。

下りはすごくキモチが良かった。
風がキモチイイ!
山の景色は、最高!!!
苦しいけど、来年にまた行きたいランとなりました。

〜おしまい〜


※ 次回は、リュックにつめたものは昨夜に確認しよう