自転車部

職業能力開発総合大学校サイクリングクラブWEBページ

2011-4-24  外秩父七峰縦走

参加者:和田先生、森
走行距離:42km 標高差約750m
ルート:JR小川町(埼玉)駅集合 → 秩父七峰峠(山歩き) → JR寄居散
これからハードな山登りになるとは知らず、8時に集合してしまいました。これから小走りで山へ向かいました。
 今回は、外秩父七峰縦走ハイキング大会に出場しました。参加費が無料でハイキング大会ということもあり、お気軽に参加した大会でしたが・・・・・。 ところが、とてもサバイバルな大会でした。8時に埼玉の小川町駅から出発し、秩父の七峰42kmを縦走し寄居駅まで山道を登り下りしながらゴールを目指しひたすら歩き続ける大会です。山道なのに走って、門限ギリギリにゴールしました。とても過酷なハイキング大会でした。
 写真は、全長の3分の1程歩いた堂平山(標高875.8m。)です。ここでは、未だ元気でしたが・・・・・・・・。

なんと、初めの山でいきなり渋滞!!。今まで何度も山に登ってきましたが、これほどの登山道渋滞にあったことはありません。渋滞の先には鎖場がありました。
 念願のゴール。10時間歩き続けました。そのうち、休憩したのは延べ30分程でしょうか。ゴールした後は、もう歩けません。過酷な一日でした。参加した他の山歩きの皆さんも含め、本当にお疲れ様でした。この筋肉疲労は、数日間残ることになりまし。 やっと定峰峠に到着。ここまで来るのに、もうへとへとです。なのにチェックポイント通過時間ギリギリ。おまけに、ここで未だ半分とのこと・・・。一瞬、ここで山を下りてバスに乗ろうかと思いました。しかし、リタイアという屈辱を味わいたくないと気を取り直し、この後、遅いお昼のパンを歩きながら食べ、ゲート通過時間を気にしながら、ひたすら山道を走りました。  しばらく歩くと、渋滞の山道で建築施工科のOGとばったり会いました。こんな山の中で会うなんて。ちょっとお互い驚きました。久しぶりの再会で昔話で話が弾み、しばし思い出を振り返りながら楽しく歩きました。